プロテクションフィルムなら当サイトにお任せ!

大事な車はこうやって守る!

フィルムの持つ特徴

フィルムの持つ特徴 自動車に対してプロテクションフィルムを施工する方法が人気を集めており、特に高価な自動車を購入した方は興味を持つことが目立ちます。自動車で一番傷が付いてしまう部分はフロントが該当しており、走行中に飛来物などが当たってしまうことは良くあることです。古い時代では、傷が付いたり塗料が剥離した部分に対しては、再塗装を行う方法に限定され、DIYで自主的にタッチアップペンなどを用いて修復する方もいました。現在ではプロテクションフィルムを張り付けることでボディを傷から守ることができるようになり、ペイントよりも大幅にコストカットできる方法なので人気があります。
ペイントで修復する際には多額の料金が発生しますが、プロテクションフィルムを利用する際には高額にはなりません。特徴はボンネット全てを施工する場面では、緩やかな曲面があってもヒートガンを当てながら作業を行うことにより、3D曲面でも手軽にボディの保護を行えます。更に数年後に新しいプロテクションフィルムに張り替えをしたいと希望した時でも熱を加えながら剥がす方法で、ボディを一切傷めずに常に輝きを保ったボディにできることも嬉しい特徴です。

プロテクションフィルムをバンパーに装着するメリット

プロテクションフィルムをバンパーに装着するメリット プロテクションフィルムとは、表面を保護するための厚さ150ミクロンの透明なフィルムのことです。一般的な塗装の厚みは平均で100ミクロン程度とされていますから、それよりも少し厚い程度の層を作ることができ、これによって走行中に発生する飛び石や、またひっかけ傷などが直接表面につかないようにすることができます。プロテクションフィルムは様々な場面で使われているようになっていますが、その一つが車に取り付けるものです。ボディ全体をフィルムで包んでしまうという方法も見られますが、バンパーだけでもプロテクションフィルムを施すことによるメリットがあります。
バンパーは前と後ろについている樹脂製のもので、基本的には衝突が起こった時に衝撃を吸収する役割を持っているものです。一方で地面と近い状態にあるので飛び石による傷つきのリスクが高い部位でもあり、実際に傷ついているものをよく見xことができます。プロテクションフィルムですべてが防げるわけではありませんが、飛び石などの小さな傷に対しては一定の予防効果があり、これによって表面への傷つきを防ぐことができるメリットがあります。

新着情報

◎2021/2/9

耐久性はどれくらいあるのか
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

フィルムの持つ特徴
の情報を更新しました。

◎2020/9/30

フィルムの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

施工依頼の注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「車 特徴」
に関連するツイート
Twitter