プロテクションフィルムなら当サイトにお任せ!

大事な車はこうやって守る!

耐久性はどれくらいあるのか

耐久性はどれくらいあるのか プロテクションフィルムは主に自動車のボディ表面に貼り付けるためのフィルムのことで、その目的としてはボディを守ることです。
フィルムですからワックスやガラスコーティングなどのように表面に塗りつけて膜を形成するのとは異なり、一体化されたフィルムを貼り付けることからその機能性から言えば長期間にわたって車のボディを保護することが出来ます。
一方でプロテクションフィルムと言っても永久に使用できるわけではなく、耐久性が選ぶときのポイントにもなっています。
プロテクションフィルムの一般的な耐久性としては3年から5年と言われており、これも車の保管状態によって変わってくるものです。
日頃から屋根の付いた場所やガレージで保管していれば綺麗な状態で保つことができますが、路駐の場合にはそれだけ紫外線にさらされますし、風雨にさらされることによって劣化していきます。
基本的には3年又は5年ぐらいのサイクルで交換していくというのが最もベターな方法で、継続的にプロテクションフィルムを使って行くことにより張り替える時にもスムーズに行うことが可能で、愛車を綺麗な状態で乗ることが可能となるものです。

費用効果の高いメッキモールへのプロテクションフィルム

費用効果の高いメッキモールへのプロテクションフィルム クルマに高級感を持たせるために、古くから窓枠などにメッキモールを使用します。
メッキの美しい輝きは内外装の良いアクセントとなり、車格を引き上げる効果を期待することができます。
その反面、白濁が発生しやすいという弱点があり、せっかくの高級感が台無しになってしまいます。
一般的な対策としてはコーティング施工を行うことですが、それに代わるより効果的な方法として、プロテクションフィルムが注目されています。
無色透明で厚みのあるプロテクションフィルムは、飛び石などからボディを守るために使用されることが多いのですが、UVカット効果などもあり、メッキモールに沿って貼っていくと白濁や経年劣化による腐食リスクを大幅に軽減させることが可能になります。
使用するプロテクションフィルムの量も僅かですので、費用もそれほど多くはかかりません。
そのためメッキ加工されたモールの上にプロテクションフィルムを施工するのは費用効果も高いと言えるでしょう。

新着情報

◎2021/2/9

耐久性はどれくらいか
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

フィルムの持つ特徴
の情報を更新しました。

◎2020/9/30

フィルムの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

施工依頼の注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「車 耐久」
に関連するツイート
Twitter