プロテクションフィルムなら当サイトにお任せ!

大事な車はこうやって守る!

施工依頼の注意点

施工依頼の注意点 マイカーの保護に役立つプロテクションフィルムは、一定以上の技術力が求められるので、施工店に依頼をすることが前提です。
その時には価格を明確にして見積書を発行してもらうことは必要です。
車種やボディのコンディションによる料金の違いがあり、特に中古車に対して施工するようなときには、下地を整える作業が必要になることから、見積書は重要です。
注意しなければ後から高額の請求が来てしまう可能性が十分にあるので、最初に実車を見て正式に料金を提示してもらうことは必須です。
次にプロテクションフィルムはいくつものメーカーから販売されており、品質に差が生じることは良くあることです。
施工時に使用するフィルムは施工店で実際に目で見て確認を済ませることも大切な注意点です。
光沢の見栄えやフィルム自体の厚み、粘着力などフィルムによる違いがあり、施工店によってはいくつかのランクから選べる場合もあります。
事前に予算と仕上がりのバランスを注意しながら把握することで、後から後悔してしまうことがなくなります。

プロテクションフィルムの施行とラッピングの違い

プロテクションフィルムの施行とラッピングの違い クルマのボディに特殊なフィルムで覆うことで、傷や汚れから守ったり美しい輝きを与えたりすることができますが、ボディラッピングと呼ばれるものとプロテクションフィルムと呼ばれるものの大きく2種類があります。
両者はとても似ているので混同しがちですが、それぞれ施行目的が異なります。
ボディラッピングというのは、傷や汚れを守るのが主目的ではなく、艶を与えたりカラーを変えたりすることを目的としており、カラー塗装に代わる新しいカラーリングの方法として注目されています。
それに対してプロテクションフィルムは、艶を与える効果も期待できるのですが、主目的は傷がつくのを防ぐことにあります。
フィルムの厚みがラッピングフィルムよりもしっかりしており、より一層傷がつきにくくなります。
施行にあたってはカーディーラーではなく、プロテクションフィルムの専門業者に依頼するのが良いでしょう。
価格は業者によってかなり差がありますので、比較検討してみることをおすすめします。

新着情報

◎2020/11/27

フィルムの持つ特徴
の情報を更新しました。

◎2020/9/30

フィルムの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

施工依頼の注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「車 依頼」
に関連するツイート
Twitter