プロテクションフィルムなら当サイトにお任せ!

大事な車はこうやって守る!

プロテクションフィルムは厚みが重要

プロテクションフィルムは厚みが重要 クルマのボディを傷からしっかり守るためには、プロテクションフィルムの厚みが重要になってきます。
薄すぎると衝撃を吸収することができなくなってしまうからです。
しかし厚みがあり過ぎても、目立ってしまい違和感が出てしまう可能性があります。
一般的なプロテクションフィルムは150μm前後となっています。
ちなみに、髪の毛は80μmですので、髪の毛の倍近くあるということです。
これだけ十分な厚さがあるからこそ、石が飛んで来てもボディをしっかり守ることができるわけです。
しかも柔軟性も高いために石がぶつかって強い衝撃が加わっても、それをうまく吸収し分散させる効果が期待できます。
プロテクションフィルム自体には傷がついてしまいますが、その傷も時間が経ても徐々に消えていく自己修復力も備えています。
だから、安心してドライブができるというわけです。
いつまでもクルマを綺麗な状態で大切にしたいという方には、プロテクションフィルムはおすすめです。

プロテクションフィルムを維持させるためにお勧めの行程

プロテクションフィルムを維持させるためにお勧めの行程 車好きな方の間では定番ですが、大事な車をキズや汚れから守り、長くきれいな状態をキープしたいのであればプロテクションフィルムを使う事をお勧めします。
このプロテクションフィルムがあるのとないのとでは全く違いますし、とにかくキズが付きづらく日々の洗車などの摩耗からも守られますので安心です。
しかしプロテクションフィルムをきれいな状態で維持するためには、さらにコーティングをする事が大事です。
フィルムだけでももちろん悪いわけではありませんが、有機物ですので紫外線の影響を受けて日焼けをしますし、汚れが浸透してしてしまったりする場合も有ります。
そのためきれいな状態で維持するためにはコーティングをすることが大事なポイントです。
プロテクションフィルムを貼ってから早い段階、もしくは同時期にコーティングするのが理想です。
撥水効果も高いですし、落書きも防止でき、さらにはメンテナンスも楽になりますので検討する事をお勧めします。

新着情報

◎2020/11/27

フィルムの持つ特徴
の情報を更新しました。

◎2020/9/30

フィルムの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

施工依頼の注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「車 厚み」
に関連するツイート
Twitter