プロテクションフィルムなら当サイトにお任せ!

大事な車はこうやって守る!

このサイトでは、プロテクションフィルムを選ぶ際の参考になるような情報を公開しています。
車を保護するために使用しますが、バリエーションが非常に豊富なので、ひとつに絞り込むのは大変でしょう。
そこでどのタイプを選べば良いのかを特徴ごとに挙げたり、依頼先を見つける際の注意点などを書いていきます。
汚れに対する強さや保護性能に影響する厚みなど、考えるポイントはいくつもあります。
自身が何を求めるのかを考えながら見ていきましょう。

車によって違う?プロテクションフィルムのタイプの選び方

車によって違う?プロテクションフィルムのタイプの選び方 プロテクションフィルムは車を保護する目的を共通としながら、いくつかのタイプが用意されています。
基本的には見た目にあまり影響を及ぼさない透明なものを選択すれば良いですが、そこにも衝撃に強かったり傷を自己修復できるなど異なる性能を持ったものがあります。
さらにそれらの機能とは別に色が付いているプロテクションフィルムを選べば、見た目を大きく変えることができます。
またプロテクションフィルムを貼り付ける車種による違いが、プロテクションフィルムのバリエーションに影響が出やすいです。
人気のある種類だと需要も高くなるので、データを元にすでにカットされた製品が出回ることが多いです。
しかしマイナーだとそれがないため、一から型を取っていくことになります。

車の保護が特徴的なプロテクションフィルムの魅力とメリット

車の保護が特徴的なプロテクションフィルムの魅力とメリット プロテクションフィルムは、車の塗装面の保護を目的に施工される特殊なフィルムです。
自在性や伸縮性、柔軟性などが優れており車の様々な形状に対応する事が出来るメリットがあります。
そんな、プロテクションフィルムですが大きな効果としては、ボディーを保護出来る点です。
屋外に駐車していたり走行する事が殆どです。
そのため、太陽の紫外線や埃、害虫の死骸や鳥のフンなど様々な要因で汚れが付着します。
さらには、道路を走行している際に、路面の石が飛んでボディーに当たる事で、凹みや傷付きにも繋がってしまいます。
そこで、塗装面の保護に効果的なのがプロテクションフィルムです。
プロテクションフィルムは、厚みもあるため飛び石などの衝撃を和らげて傷や凹みも防止出来るメリットがあります。
紫外線カットなどの特徴もあるため、傷付きや汚れ、紫外線対策までまとめて行う事が出来るのです。
また、プロテクションフィルムが劣化したり、傷付いた時には張替える事も出来ます。
このようにフィルムを塗装面に施工する事で、傷や汚れから守って綺麗な外観に維持出来る事が最大の特徴です。
大切に乗っているマイカーを綺麗な状態に維持したいときには、メリットが大きい施工です。

プロテクションフィルム貼り付けサービスでプロに任せる方法も

キズや汚れから守ってくれるプロテクションフィルムは平坦な箇所であれば貼るのは簡単ですが、曲面や細かな凹凸のある個所は難しくシワが入るなどして悩んでいる方も少なくありません。
自身で全ての作業を完了できれば費用対効果から言ってもそれに越したことはありませんが、もしも貼り方に失敗すると美観を損ねるだけではなく、シワへ汚れが入り込んでしまったり、強度が落ちて損傷することがあればせっかくの苦労が水の泡となり本末転倒です。
そんな時は、専門業者が提供しているプロテクションフィルムの貼り付けサービスを利用するのがおすすめです。
長年の経験で培ってきた高度な技術を持っているのはもちろんのこと、一般的なカー用品センターでは手に入らないようなプロ向けの専用の工具も用意されており、綺麗にカットしたり、しっかりと隙間なく圧着させて強度を増すこともできます。
プロテクションフィルムの貼り付けサービスならば、美しい仕上がりが期待できます。

プロテクションフィルムはあらゆるパーツに対して貼り付け可能です

一般的にプロテクションフィルムと言えば、自動車の塗装が塗られているボディ部分に対して貼り付けを行うものですが、用途の範囲はボディに限定をせずに、自由な発想で用いることができます。
ボディ以外で考えられるパーツにおいては、ヘッドライトやフォグランプ、テールランプなどランプ系のカバーにも施工でき、高価なアルミホイールを装着している自動車に対しては、アルミホイール中央の円形キャップにも施工可能です。
ドアを開けると足元にプレートがありますが、この部分にもプロテクションフィルムを用いると靴で擦ってしまう傷を防止できます。
他にも後付けのパーツ類も対象にすることができ、各種モール系やバンパーのプロテクター、エアロ系やダクト系など色々なカー用品に貼り付けを行えます。
ただし、作業においては品質の高いプロテクションフィルムを使わないと、ドライヤーの熱を当てても伸びない可能性があるので、3D曲面でも綺麗に貼り付けしたい場合は品質重視が鍵になります。

プロテクションフィルムについて詳しく知りたい

プロテクションフィルムの秘密

新着情報

◎2021/2/9

耐久性はどれくらいか
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

フィルムの持つ特徴
の情報を更新しました。

◎2020/9/30

フィルムの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

施工依頼の注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「車 保護」
に関連するツイート
Twitter